画像

トルコン太郎 ATF&CVTF交換 事例

 デリカD5 トルコン太郎にて・・・

先日、HPよりお問い合わせより三菱デリカD5のCVTFの圧送交換とワコ-ズRECSのご依頼をいただきました。
ありがとうございます。
おクルマをお預かりして、トルコン太郎にてCVTFを圧送交換作業を・・・
専用のアタッチメントを使用しての交換になります。
オイルク-ラ-を取外すとオイルフィルタ-がありますので新品に交換。
今回はオイルパン脱着清掃はありませんでした。
清掃が無かったので、今回はクリ-ニングモ-ドを6回おこないました。
少しでも綺麗になるように・・・
その後、ワコ-ズRECSを・・・
RECSの施工に時間がかかります。
点滴の要領で作業していくので待ち時間が長い・・・なんとか終了!
試運転に・・・滑らかになったような・・・
毎日お乗りいただいているお客様に乗っていただくのが一番体感できると思います。

 施工例、日産フェアレディZ33

オートマチックトランスミッション(AT)
オイルの圧送交換作業(トルコン太郎にて)多走行距離車で、交換してみました。
14万km走行のATスポーツモード付車
マニュアルモードにて交換前に、現状確認の為走行してみると、シフトダウン、
アップを繰り返し走行良くも、悪くもない感じ。


1回目交換が終わり、クリーニングモード時の
フルードが真っ黒で、ピカピカ光る粉(鉄粉)
トルコン太郎のフィルターの影すら見えません。
2回目、3回目とクリ-ニングモ-ドを繰り返すと、フィルターが見える様になり
ピカピカ光る鉄粉もありません。
今回は新油4リッター設定にて、3回実施してみました。
クリーニングも3回、合計12リッターの新油を使用しました。
交換回数をもっと増やすと、まだまだ綺麗になる感じがします。
今回はATF交換のみで、ストレ-ナ-交換はしていませんが、
一番良いのはATオイルフィルタ-も同時交換がオススメです。

 日産ル-クスCVTF圧送交換・・・

今日は、始めてご来店頂いたお客様からCVTF圧送交換をして欲しいとのご依頼を・・・
知り合いの紹介で、当社がトルコン太郎で圧送交換してくれると聞いたとの事。
おクルマの状態をお聞きすると、現在9万㎞超えで1度もCVTFの交換をしたことがないとの事、
オイルパン清掃&ストレ-ナ-交換をご提案しましたが、予算もあるのでCVTFのみ交換のご依頼。
日産ル-クスは専用アタッチメント無しで圧送交換可能ですので、早速、トルコン太郎で・・・
1度も交換したことが無いので、真っ黒!
5回クリ-ニングモ-ドを実施して何とか親油に近づいた気がします。
お預かりした時に、エンジンの調子もあまり良くなかったのでスロチャンも清掃しておきました。
異音などが出てしまうと、圧送交換でも無理になりますので、やはり定期的にCVTF(ATF)交換をオススメいたします。
以前はATF&CVTFは無交換で大丈夫と言っていましたが、今はディ-ラ-さんなども少量交換をオススメしているそうです。
私的には少量交換だと、例えば8ℓのATFでも半分の4ℓしか交換しないので、結局汚れた4ℓと混ぜる事になるからです。
たしかに、交換しないよりも良いですが、せっかく交換するのであればオイルパン&ストレ-ナ-交換で圧送交換をオススメします。
今は長くおクルマを乗り続けるお客様が多いので、5万㎞ぐらいで一度オイルパン清掃&ストレ-ナ-交換をしても良いのかなあと思います。

 日産セレナ FNC26 CVTF圧送交換

今回は、またまた新規のお客様からのご依頼をいただき、日産セレナFNC26(4WD)のCVTF圧送交換を実施いたしました。
セレナは年式によりアタッチメントが不要な場合もありますが、今回はアタッチメントが必要でした。
同時にオイルパン脱着でストレ-ナ-交換と清掃をご依頼。
CVTFもワコ-ズプレミアムでの施工になりました。
洗浄用CVTFはカストロ-ルで約10ℓオイルパン脱着でしたが、トルコン太郎を接続してみてると新油ほど綺麗ではありません。
クリ-ニングモ-ドを数回、再度ドレ-ンより排出して、ワコ-ズプレミアムを注入して再度クリ-ニングモ-ドを実施しました。
最後に、ワコ-ズミッションパワ-シ-ルド(添加剤)を注入後、走行テストをして最後微調整で完了!
毎日乗られているお客様が一番体感出来ると思われますので、後日、調子のお伺いをしたいと思います。
小浜市からご来店いただきありがとうございます。

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!

カートに
入れる
気になる