敦賀市 継続車検(車検場コ-ス)の流れ UNIcars(ユニカーズ)

画像
継続車検(車検場コ-ス)の流れ

  • HOME
  • 車検
  • 継続車検(車検場コ-ス)の流れ

title

運輸支局(車検場)で行われる自動車の検査とは、どの様な内容で、どんな手順で行うのかをこのページでは掲載しています。

 検査の項目とは、

①同一性の確認車検証や申請書類の記載内容と、車両が同一であるかの確認。
②外廻り検査自動車の外観(車体・灯火類など)に問題がないかの確認。
③サイドスリップ検査前輪タイヤの横滑り量(直進安定性)の確認。
④ブレーキ検査前輪・後輪・駐車ブレーキの制動力の確認。
⑤スピードメータ検査実際の速度と、速度表示機器との誤差の確認。
⑥ヘッドライト検査ヘッドライトの光量・光軸が、基準値内であるかの確認。
⑦排気ガス検査排出ガスのCO(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度の確認。
⑧下廻り検査車両下部の不具合(かじ取り装置・オイル漏れなど)の確認。

 同一性の確認

最初に行われるのが、検査コース入口での同一性の確認です。
検査官と呼ばれる職員が近づいて来ましたら、自動車のボンネットを開けて車検証を含む書類を提出します。
車両に打刻されている車台番号とエンジンに打刻されている原動機型式から、提出した書類と自動車が同一であるかの確認が行われます。

 外回りの検査

検査官の指示により、外廻り検査を行います。
通常、自動車の前方から、ヘッドライトをスモール → 全光と順番に点灯させ、ハイビーム・ロービームの切り替え、さらにウインカーを左右順番に点灯させます。
検査官は前方を確認後、自動車の後方へ向かいながら、タイヤのホイールナットをハンマーで叩き、打音を通じてナットに緩みがないかの確認を行います。
検査官が自動車の後方へ移動しましたら、テールランプの点灯、ブレーキを踏みブレーキランプの点灯、ギアをリバースへ入れバックランプの点灯を行います。また、再度ウインカーを左右順番に点灯させ、最後にハザードランプを点灯させます。
室内の全装置(シートベルト・ドアロック作動)メータ-(計器類)の確認をします。
外廻り検査、同一性の確認に問題がなければ、自動車検査票に外廻り検査合格の押印がされます。

 サイドスリップの検査

コース内での最初の検査は、サイドスリップ検査と呼ばれる、前輪タイヤの横滑り量を測定します。
横滑り量とは、ホイール・アライメントに関わる項目で、調整が行われていないとタイヤの偏磨耗(片減り)や直進安定性に支障をきたします。こちらの調整は予備検査場(テスター屋さん有料)でも可能です。
検査方法は、検査コースのラインにタイヤを合わせ、ゆっくりと写真の鉄板の上を走行します。この時ハンドルを切ると正確に測定ができませんので、ハンドルは切らず真っ直ぐに前進します。
鉄板の上を通過して、前方の電光表示機に「○」が表示されれば合格です。

 ブレーキの検査

サイドスリップ検査を終えたらラインに合わせゆっくりと前進し、4輪をテスタ(ローラー)の上に乗せます。乗せ終わりましたら、ギアはニュートラルへ入れておきます。エンジンは切らないで下さい。
4輪とも指定の位置に載るとテスタが沈み、ブレーキの検査が開始されます。ブレーキを踏むタイミングは、前方の電光表示機に従います。
前後のブレーキと駐車ブレーキの測定後、前方の電光表示機に「○」が表示されれば合格です。

 スピードメータの検査

続けてその場でスピードメータ検査に移行します。
電光表示機に「40キロでパッシング」と表示されたら、ゆっくりとスピードを上げていって下さい。この時、ハンドルは真っ直ぐしっかりと握っていないとハンドルから手を離すと、車両がテスタから飛び出し、大きな事故に繋がる危険があります。
スピードメータが40キロを指したら、パッシングで合図します。
基準範囲の誤差であれば「○」が表示されます。

 ヘッドライトの検査

続けてその場でヘッドライト検査に移行します。
指示に従い、ヘッドライトをロービームで点灯させます。。
前方の左右からヘッドライトテスタが現れ、ヘッドライトの光量・光軸の測定を開始します。
ヘッドライト検査が合格しないケースが多いです。
2年間使用していると自動車の振動で少しずつ基準よりずれていくのだと思います。
こちらの調整は予備検査場(テスター屋さん有料)で調整します。
基準範囲内であれば「○」が表示されます。

 排気ガスの検査

排気ガス検査を行います。
記録器の横に設置されている、排出ガス検査機器から伸びているプローブを自動車の排気管(マフラーの出口)に差し込みます。
こちらでは、排気ガスに含まれる、CO(一酸化炭素)と、HC(炭化水素)の濃度を測定しています。

ディーゼル車はこちらの排気ガス検査は行いません。別途、ディーゼル車専用の排気ガス検査を行います。
表示機に「○」が表示されれば合格です

 下廻りの検査

ゆっくりラインに沿って前進させ、中央が空洞になっている検査機器の「停止位置」にタイヤの前輪を乗せ、エンジンを切ります。
検査が始まると、自動車が左右に揺れ出し、斜め前方の電光表示機に指示が表示されます。その指示に従い、ブレーキを踏んだり、サイドブレーキを引いたりといった操作を行います。
表示機に「○」が表示されれば合格です。
検査終了になり、あとは書類を総合判定室に。
しかし、保安基準に適していない不具合などがあった場合は、検査官からマイクを通じて呼び出しされると・・・後日、修理改善して再度検査しないといけません。

 総合判定室

全ての検査が終了しましたら、検査コース出口の総合判定室に書類一式を提出します。
こちらで検査の総合判定を行い、問題がなければ自動車検査票に「審査結果通知欄」に合格の押印がされます。
合格頂けると、次は新しい車検証の更新に陸運事務所に移動します。

車検の他のページ

Valid XHTML 1.0 Transitional Valid CSS!